チャオリオン〜天鳳激闘潮流〜

天鳳で勝つために色々トライしていくブログ

場末戦記【完全先付けナシナシ雀荘C店】

皆さまこんにちは、あれだけ見るも無残だったpt状況から六段原点復帰を果たし、皆さまに初夏の陽気をお届けしたところから今回の話を始めようと思います。

f:id:riccccccccky:20170508045517j:image

 

話の始まりはと言うと 今年のGWは某東北地方の実家に帰省しており、時期的に桜が見頃(強風により葉桜気味になっていましたが)を迎えているという心安らぐ帰省を楽しんでいました。

f:id:riccccccccky:20170508051458j:image

しかし、僕の心はスリルを求めていました。

 

そんなわけで立ち寄った実家にある唯一のピン東雀荘が開いておらず、財布にも14k程しか入っていなかったためロクに遊べないな…と思った矢先、そのお店はありました。

➖雀荘C➖

名前は伏せますが、こんなとこあったか?と地元に12年間住んでいた僕ですら記憶にない佇まいでした。

とりあえず話だけでも聞いてみよう、と中に入ると平均年齢70オーバーの高齢者の方々、そして旧式のリーチ棒をぶっ刺すタイプの雀卓が2卓稼働しており、ハイパーアウェイな状況の中ルールは?と尋ねると『100円』とだけの返答で、この一言から全てを汲み取るのは僕の技術じゃムリだったので更に得意の地元の方言&初対面でもベラベラ喋るスキルを活かして聞いてみると、

・完全先付けナシナシルール

・赤は5pに一枚、一発赤裏で祝儀は0.5k

・東南戦

・テンパイ連荘

ということがザックリわかり、『まぁ後はやればわかるよ』と早速卓に入りました。(先ツモも普通にやってるのが見えました)

 

まず東1の親番スタート、早速メンピンの手が入り即リー、何やらガンガン押してくる対面から出和了って裏が2つ乗りマンセン…のはずが

『これじゃ裏の祝儀つかねぇね』

!?!??という反応をしてよくよく聞くと、裏の表示牌の現物に祝儀が付くというものでした。

裏ドラとしてのカウントは変わらないので、単なる祝儀無しのワンツー和了となってしまいました。

そして次局、どうにも手が入らないので終盤ワンフーロ入れて役なしだけど形式テンパイ、さてノーテン罰符いただき…と思いきや

『これだばテンパイになんないね』

またしても頭に!?!?!?が浮かびましたが、これは形テン料を貰うためにはテンパイ形かつ他に役が必要というものでした。

聞いたことねーよ!と思いましたが郷に入らば郷に従えの精神で了解ッス〜とおちゃらけ、こういうのもあるのかと気を引き締めました。

そしてなんやかんやで3本場まで積まれ、唐突に『3本場からはリャンハンすばり(縛り)だナ』との会話が。

うわ〜赤一つしかないしリャンシバめんどくせえ〜リーヅモすりゃいいかと思い次局カンチャンのリーヅモドラ1をツモり上げたところ

『あ〜〜こんりゃーチョンボだワ』

な、何ィ!??リーヅモで2飜あるだろ!?と思いきやリーチ宣言の段階でリーチの他に一役ないとその時点でチョンボ、見逃しやフリテンリーチは不可との事でした。

マジかよ…とチョンボ料を支払い、次局メンピンテンパイが入った時に『今度は2飜ありますよwwwww』とヘラヘラしながら曲げたら一発で出和了、裏は乗らずで3900は4800の1枚を無事に和了れました。

そして南3ラス前、2500点持ちの上家が僕に8000放銃してあー終わった…と思ったら『5500点貸しだンナ』と言い、え!?終わらないの!?と思いきやトビ無しのルールでした。

自己申告制かよwwwと思いつつオーラス僕がワンフーロバカホン700.1300をツモりラスト。

チョンボをしたもののなんとかトップを取り、半荘1回で1時間経っていたのでここで撤退。

何だかんだでめちゃくちゃいつものルールとは正反対でしたが、とてもワクワクしました。

今度はゆっくり遊びに来てねと温かい言葉をかけて頂き、また夏の帰省で遊びに行く事を決意したのでした。

1-0-0-0  +7.6k(祝儀2枚浮き)

 

こんな感じでとてもスリルに満ち溢れた体験ができました。

皆さんも実はここ行った事ないな…という雀荘に突撃してみるのはいかがでしょうか?新しい気づきが得れるかもしれませんよ?

それでは!

 

降段の旋風(かぜ)

どうも、最近はもう家内に麻雀しに行く事を隠さずに言うようにしたら、

意外と受け入れて貰えて

『じゃあもっと前に言っとくんだった』

先切りせずにブクブクに構えて宣言牌で刺さった時のような気持ちになったりっきーです。

 

今回はみんな大嫌いな『降段』についてお話をしようと思います。

 

まず始めに僕の降段歴からお伝えすると、6段ストレートからの3段まで急降下、ジリジリ5段まで上がってからの4段に降下、そして5段の今に至るという豆すぎて満面の笑みになってしまいそうな感じです。

 

圧倒的な実力不足を痛感しました。

ストレートで昇段していった時は全く自分が負けて降段するとは思わないんですよね、しかし確率というものはしっかり仕事をしやがります。

ワザ降段とかではなく、実力降段ですね。

f:id:riccccccccky:20170313022504j:image

 

『もっと麻雀を勉強しましょう』

『これがわからない奴は負け組』

と有名な誰かさんは言いました。その通りですね。

しかし少しばかり勉強したといって『あ!これ◯◯ゼミで出たとこだ!』の理論が通用するとは限らないのが麻雀のクソなとこでもあり、面白い所だと思っています。

 

僕の降段エピソードで少しでもメシが美味く感じる人が居てくれればそれで満足なのですが、

それだけだと何か負のオーラに満ち溢れたまま今回の話題が終わってしまうので少しでも今ptがガシガシ溶けててシンドい人にエールを送ろうと思います。

f:id:riccccccccky:20170313024935j:image

f:id:riccccccccky:20170313024952j:image

 

これは、【ジョジョの奇妙な冒険part5〜黄金の風〜】のワンシーンからの抜粋で、

警察官が近くで発生した殺人事件の証拠品を探すために「犯人の指紋が付いているはずの凶器」とされる粉々のガラス瓶の破片を探しにやってくる、

そしてその警官に対して《犯人がもし弁護士などをつけて無実になったらこの作業は徒労に終わるのではないか?》

という疑問を投げかけられた際に発した言葉です。

 

僕はこの言葉が物凄く好きで、全ての部の中で一二を争うほどお気に入りのシーンです。

『昇段へ向かう意思』さえ保たれていればどんな状況でも少なからず勇気が湧いてくるのではないか…?という意味を込めてこの言葉を送ります。

 

でも、ラスったら腹が立ちますけどねっ!!!

 

全てをぶち壊したところで終わりたいと思います、それでは!

ありえんバケモンに学ぶ"メンタル"

皆さま、お久しぶりです。

特に忙しかったというわけでは無かったのですが、ブログを書くモチベが皆無と化していたため『引退(引退するとは言っていない)』状態になっていました。

相変わらず天鳳、麻雀自体はぼちぼちやっていて、お察しの通りまだ五段です。麻雀は苦手ですね。

 

さて今回は""麻雀におけるメンタル""についてお話をしようと思います。

 

麻雀において具体的に『メンタルが強い』とはどういった事を示すものなのでしょうか?

・誰が相手でも常に冷静な判断を下すことができる

・大舞台でもルールに応じた押し引き判断がブレない

・手痛い放銃、展開、煽りを食らってもそれがどうしたと流すことができる

 

…といった所でしょうか?

しかしこのブログは天鳳を主に打つ方たちのためのブログ(今思いついた)なので、こと天鳳におけるメンタルの強さと言えば…

・理不尽なラスを食らっても煮えない、受け流せる

・とにかく鬼打つことができる

・他人のpt増えた、昇段した報告で自分のペースを崩さない

と、明らかに長い目で見る観点での""メンタルの強さ""が重要とされているのがわかります。

 

話は少し逸れますが、僕の絡みの深い麻雀仲間に『わをん(天鳳ネーム いいいいいいいい)』という鳳東プレイヤーが居ます。

f:id:riccccccccky:20170306065721j:image

彼は普段からブッ飛んだパワーワードを連発、ミスター◯ーナッツのバイトに落ちたおかげで10連バイトガチャが作成された、7→4→7段と大幅な段位変遷をしたなどと話題に事欠かない男なのですが、僕は彼の

【短期の結果を気にする素振りを見せない】

部分にメンタルの強さを感じました。

 

どうしてもこの天鳳という人の心に闇を作ってしまうゲームにおいて、こういった部分は非常に強い武器となる学びを得ることができました。

細かい牌理だけでは補えない部分を、勢いとハートの強さで押し切るスタイル…参考になる方もいらっしゃるかと思います。

 

普段絶対こういった褒め方を僕はしないので、書いててサブイボが出てきました。やってねぇ〜〜〜

 

これからは更新頻度を少しずつ上げて行こうと思います。なんかネタがその辺に生えてこないかな…

それでは!

何切る 〜街で見かけた疑問の牌姿〜

今回は多少志向を変えて、対話形式でお送りしたいと思います。

※登場人物は実在の人物をモデルにした架空の人物であり、この物語はフィクションです。

 

登場人物

定助くん《以下定》(天鳳5段、麻雀勉強中でヘタクソなりに好奇心旺盛)

f:id:riccccccccky:20161223222031j:image

康穂ちゃん《以下康》(天鳳10段、アニメの聖地巡礼がマイブーム)

f:id:riccccccccky:20161223222145j:image

吉良さん《以下吉》(天鳳9段、元10段経験者でリアル雀ゴロ。猫が好き。)

f:id:riccccccccky:20161223222510j:image

 

〜某雀荘

定『ふぁ〜っ、やっぱ徹夜で打ってると眠気に勝てないなぁ、ん…?店に何切る問題が貼り出されてるのか、見てみよう』

⓵東1 西家 4巡目 ドラ中

11246m 67p 34678s 中中

《正解は4m!そして幸せが訪れる…》

 

⓶東1 西家 4巡目 ドラ3s

234566789m 334p 34s

《正解は6m!そして幸せが訪れる…》

 

⓷東1 西家 4巡目 ドラ3m

1223446789m 4468s

《正解は8s!これがわからない奴は負け組》

 

〜ごま蜜cafeにて

定『ンんん〜〜っ??さっきのなぁ〜んかピンと来ないなァ〜〜ッ、正解って銘打ってるけどこれってマジにそうなのか?むむむ…』

 

康『 定助っ!なぁーに難しい顔しちゃって、どしたの?…なにこれ?何切る問題?』

 

定『うおッ!?康穂ちゃん!?…そうそう、さっき打ってた雀荘に貼ってあった何切るだよ、これがなんかモヤモヤしてさ』

 

康『なになに…⓵はあたしも4mを切るわ、6m切っても4mは安牌と交換だし、それなら瞬間の7mツモの方がオイしそうだしね』

 

定『(勝手に答え始めてる…)⓶はどう?』

 

康『⓶は4p切りね、フツーに完全シャンテンに受けてマンズ先入りならタンピンと一通選べるしいいんじゃあないのォ?的な』

 

康『でも縦が寒すぎるから完全シャンテン自体にあんまり意味はなさそう、マンズ選べる方に価値がありそうね…ソーズ先入りはセンス()でなんとかしましょwところでなんかお腹すいたわねェ〜』

 

定『⓷は?後でごま蜜団子おごるから…』

 

康『ごちっ!⓷は4m切りね、マンズ行くには狭すぎるからダイレクトの3m引き5200リーチ、5m引き5200ダマ、7s引き8000リーチかなァ〜っ』

 

定『トホホ…お財布が寒いなァ…でもありがとう康穂ちゃん、おかげでスッキリしてきたぞ!』

 

吉『なんだお前たち揃ってこんな所で、デートの邪魔だったかな?』

 

康『ちっ、違っ!あたしはただ定助にごま蜜団子おごってもらうだけなんだからそんなんじゃッ!』

 

吉『(わかりやすい女だな…ん?)何だコレは、何切るか?』

 

吉『⓵はオレも4m切るな、こうすると受け入れのロスがなく678の三色に渡れる…が、ツモ78mと来たときに何を切るか困ってしまうのでカン3mチーから仕掛けることのできる6m切りとそこまで大差はないと見る』

 

定『(この人も麻雀大好きかよ…)』

 

吉『⓶は6m、変化が豊富でさらなる高打点まで期待が持てる1打だな、形はすでに十分だから4p切るのもいいが、満貫でも微妙に足りない局面は69mに手をかけてもいいとオレは思う』

 

定『なるほどォ…点棒状況によっては方針が変わるんスね』

 

吉『ちなみに⓷は8s切る、しかし69m以外は全部仕掛ける方向だな…残るのが愚形愚形で仕掛けてハネマンならチンイツドンジャラする価値はあると見る』

 

定『(意見がわ、割れたッ!)康穂ちゃんの4m切りも吉良さんの8s切りも高打点への可能性とリーチ、仕掛け含めての相対的な早さも含めて他家からの動向を見て判断するとこっスね』

 

康『ま、場況はオマケだけど…基本は平面ね』

 

吉『そうだな、そんな事より定助は落ち着いて打つことが先決だがな、メンピンツモっ…チョンボ…ププッ』

※僕のチョンボについては前回記事を参照のこと

 

定『ちょっと吉良さんんん!!それは言わない約束じゃあないっスかー!!康穂ちゃんの前でなんて特に!』

 

康『何何ィ〜〜??ドヤ顏かまして東発でチョンボかました話ィ??ニヤニヤ』

 

定『うわァーッ!!すでに詳細まで知られてるし!恥ずかしーッ!!』

 

吉『やれやれだな』

 f:id:riccccccccky:20161223225858j:image

 

何切る監修

Aさん、zeRoさん

ありがとうございました!

 

 

 

 

牛串作戦、開始します!

皆さんこんにちは、

常々ブームに乗るのが遅い僕ですが、今更ながらガルパンにハマりこの間立川まで極音上映を見に行きました。

アンチョビかわいいよアンチョビ ドゥーチェ!ドゥーチェ!

f:id:riccccccccky:20161128134038j:image

 

天鳳を打つ合間のアニメ鑑賞が本番になるとは…とても天鳳民の風上にも置けない!と言うことで、

ネット麻雀の民らしく大学の学園祭に行ってきました。(?)

 

慶應大学(三田祭

卓の全てがアルティマかつ1G150円で打てるという採算度外視なまさにmjkt(マジキチ)な麻雀ブース、

着順に応じたptをカードに貯めて天鳳チケットやサークルが発行した戦術書が貰えるという力の入り様、とても麻雀への愛を感じるお祭りでした。

こんな感じの景品↓

f:id:riccccccccky:20161128134858j:image

この日は友人と朝の9時から三田キャンパス隣のラーメン二郎 三田本店』へパワーチャージをしに行き、その後麻雀ブースへ遊びに行くというパワープレイを発揮したおかげで(ニンニクはさすがに抜いたよ!)

着順 1-2-2-1の安定した天鳳民らしい麻雀が打てて見事景品をゲットしました。

豚がうめぇ〜んだ↑

f:id:riccccccccky:20161128135540j:image

 

東京大学駒場祭

これには娘と一緒に参戦しました。

流石日本の最高学府だけあって人の多さが半端なかったです。

その分万人に楽しめるような出店やブース作り方をしていて、子連れにも優しいお祭りだったと思います。

牛串屋が2ばんどうろのコラッタレベルエンカウントでした。めっちゃある!

肝心の麻雀ブースはゲスト卓以外は手積みの省エネな作りをしていて、手積み麻雀未経験の僕はガックガクでしたが麻雀サークル白の部員の方々に和やかに打てるように配慮して頂けて大満足でした。

その結果、0-0-1-2と景品数zeRoでした。

そのうちの一回は、

上家にゲストのzeRo元十段

f:id:riccccccccky:20161128141302j:image

そして対面には同じく家庭持ちの鉄強鳳凰民『きつーね』さん

f:id:riccccccccky:20161128141437j:image

下家には中国からの刺客『袁』さん

f:id:riccccccccky:20161128141751j:image

という濃ゆいゲスト卓でした。

東1、自信満々にリーチしてツモり上げたと思いきや手の内の677889mと思っていた形が実は677789mで盛大にチョンボしました。

『や〜〜っちまったァ〜〜ッ!死にて〜〜wwwwwwww』

とか言いながらも心の中は

f:id:riccccccccky:20161128142624j:image

と、ちょっとオイシいなとほくそ笑む東方定助5段なのでした。

なおラスりました()

 

しかしその後、娘が『またまーじゃんしたい』と言い出したのでリベンジをしに行ったところ、2放銃したにも関わらず運だけでトップを取れました。

しっかり天鳳無料チケットをゲットする天鳳民の鑑やって来れてよかったです。

前日までの色紙です。↓

f:id:riccccccccky:20161128143425j:image

 

と、このように天鳳民がたくさん居てどこも飽きさせない大学の学園祭、未経験な方は是非来年からでも参加してみてください、実はあの人も来てた、という出会いもあって楽しいですよ〜

それでは!

 

我ハココニ在リ

お久しぶりです、つい数時間前にブログ更新しようとしたらアプリが落ちて文書データがトビ賞になってブルー入ってるりっきーです。

f:id:riccccccccky:20161107073613j:image

 

色々と10月にあったことを書こうと思ってたのですがやる気が刀削麺みたくスパスパと削られていってるのでシンプルに書こうと思います。

 

天鳳

5段後段戦を経るも死に切れずちょい盛り返してる状態、わざ後はメンタル効率よくないので僕はやりませぬ

・フリー

無し。出費が多くて小遣いが息をしてなかったので…

・セット

キティ』というマンズの奇数がマイティ牌になる闇のゲームを2度やりました。

気を抜くと天和、地和、人和が襲いかかってくる人ならざる者達の愉快な集会でした。2回とも−300オーバーでしたクソックソッ

・その他

天鳳TLで大流行してる『シャドウバース』をインスコしてみました、カードゲーム経験はお祭り会場で拾った遊戯王カードをかき集めて作ったデッキで遊んだ経験くらいしかありませんが、チラホラやってみようかと思います。

後はハロウィンにこの格好で渋谷をうろついてスタンド使いを探してきました

f:id:riccccccccky:20161107073713j:image

承太郎コスの人と一人会えただけでした。知名度ォ!

 

ざっと10月はこんな感じでした。

またちょくちょく更新していこうと思います。それでは!

 

刻むぞ血液のビート

こんばんは、扇風機を押入れにしまうタイミングの押し引きが未だに確立されていない男ことりっきーです。

 

急に外が寒くなってきましたね。

皆様はもう衣替えはお済みでしょうか?

僕はまだ形式テンパイを取るが如く半袖で粘っています。

 

部屋で天鳳を打っていると頭はヒートアップしても身体は冷え切っている…なんてことはよくある話ですね。

今回は身体を温めるテクニックについてお話ししようと思います。

 

①手先、つま先を揉みほぐせ!

皆さんも『血行が悪くて冷えがひどいのよ〜まいっちゃうわ〜』という声を耳にする機会も多いでしょう。

普通に生活してても冷えるのに、PCとにらめっこしてマウスと眼球だけを動かしていれば特に血行は滞りやすくなります。

そんな時には手足の爪の生え際をもみほぐしましょう。回数などは適当で大丈夫です。

井穴という割と万能なツボが爪周りには存在し、刺激することで副交換神経を活発化させて血管を拡張させ、血行が良くなると同時にリラックス効果もあります。

 

丹田にカイロを貼れ!

皆さんは貼るカイロを普段どこに貼りますか?

多分無意識に貼っている事が多いとは思いますが、ヘソから指4本ほど下がった場所にある、『丹田』というポイントがあります。

f:id:riccccccccky:20160924231329j:image

ちょっと前に流行ったロングブレス等でも、このポイントに意識を集中させる事が重要でした。

気の流れが云々という東洋医学的なアレもありますが、単純に内臓を温熱することにより基礎代謝の改善、免疫力の向上も身体を温める効果以外にも望めます。

 

注意点ですが、必ずカイロは服の上から貼り、低温やけどにならない程度に抑えて下さい。お兄さんとの約束だぞ!

 

③どうしてもダメならスクワット!

小手先のテクニックが吹き飛ぶほど『スクワットはいいぞ』という感じです。

膝を爪先より前に出さないように折り曲げられれば後は勢いをつけようが浅く膝を曲げようが何でもいいです。

要はハムストリングス等の大臀筋群を刺激し、大きい筋肉のポンプ作用で全身に血液を循環させる事が重要です。

 

めんどくさいのが難点ですが。

 

身体を温めるのは冷え対策の他にも

・風邪予防

・ダイエット

・副交換神経を優位に働かせて気分を落ち着かせる

などの効果があります。

 

東風一戦くらいの時間をぜひ身体の温メンテナンスに割いてみるのはいかがでしょうか?

 

やっべマジメに書きすぎた…

それでは!