チャオリオン〜天鳳激闘潮流〜

天鳳で勝つために色々トライしていくブログ

焼き鳥マークパンサー02

こんにちは。

休みの日は基本寝てるか家族サービスしてるかのyes or yesの選択肢しかないため、天鳳はおろかブログすら書く気力を失う男ことりっきーです。

 

今日は英気を養い、かつ状態を上げ麻雀を上達させる為近所の温泉&岩盤浴に来ています。

f:id:riccccccccky:20160831124845j:image

身体の毒素と悪いガレナーが抜けてもう追っかけにも負ける気がしませんね。

 

嘘です。

 

さて前回の続きと行きましょうか。

僕があまり勝てていないのを見てレートを上げる提案をしてきたおじさん達に僕がまず抱いた感想は

ナメるんじゃねえクソ共が)

という負けず嫌い特有の反骨精神でした。

僕はこの精神で今まで生きてきたようなものなので当然ですね。

 

そしてこちらもレートを上げる代わりにルールを少しずつ今風のアリアリ鳴き祝儀に変更するように働きかけ(何故かウマは5-10で変えてくれなかった謎)、当時麻雀始めたての僕は凸本こと『科学する麻雀』を読み込み、

その光景を職場のおじさん達に見られては『そんな勉強した程度で俺らに勝てるとでも思ってるの???w』

と更に闘志を燃やしてくれるような事を言ってくれました。

 

そして次第に結果が付いてくるようになり、1.0でやるって自分で言ってるのに10kも持ってこないナメたおじさん達の(こども日本銀行券での)支払いが滞り始めて来ました。

2回り歳上だろうがこういうのはちゃんとやらないと気が済まないのでキッチリと取り立て人マリリン・マンソンと化しましたがf:id:riccccccccky:20160831124827j:image

次第に地味にセットに呼ばれなくなるという半ばおじさん達の降参宣言を尻目に、このドハマりしてしまった麻雀熱をどこに向けるか悩んでいました。

 

こうして僕は出逢うべくして『フリー雀荘』と『天鳳』に出逢ってしまったのです。

 

※この物語はフィクションです。登場する人物・団体・名称等は架空であり、実在のものとは関係ありません。

 

???『信じるか信じないかは、あなた次第です』

それでは!