読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チャオリオン〜天鳳激闘潮流〜

天鳳で勝つために色々トライしていくブログ

何切る 〜街で見かけた疑問の牌姿〜

今回は多少志向を変えて、対話形式でお送りしたいと思います。

※登場人物は実在の人物をモデルにした架空の人物であり、この物語はフィクションです。

 

登場人物

定助くん《以下定》(天鳳5段、麻雀勉強中でヘタクソなりに好奇心旺盛)

f:id:riccccccccky:20161223222031j:image

康穂ちゃん《以下康》(天鳳10段、アニメの聖地巡礼がマイブーム)

f:id:riccccccccky:20161223222145j:image

吉良さん《以下吉》(天鳳9段、元10段経験者でリアル雀ゴロ。猫が好き。)

f:id:riccccccccky:20161223222510j:image

 

〜某雀荘

定『ふぁ〜っ、やっぱ徹夜で打ってると眠気に勝てないなぁ、ん…?店に何切る問題が貼り出されてるのか、見てみよう』

⓵東1 西家 4巡目 ドラ中

11246m 67p 34678s 中中

《正解は4m!そして幸せが訪れる…》

 

⓶東1 西家 4巡目 ドラ3s

234566789m 334p 34s

《正解は6m!そして幸せが訪れる…》

 

⓷東1 西家 4巡目 ドラ3m

1223446789m 4468s

《正解は8s!これがわからない奴は負け組》

 

〜ごま蜜cafeにて

定『ンんん〜〜っ??さっきのなぁ〜んかピンと来ないなァ〜〜ッ、正解って銘打ってるけどこれってマジにそうなのか?むむむ…』

 

康『 定助っ!なぁーに難しい顔しちゃって、どしたの?…なにこれ?何切る問題?』

 

定『うおッ!?康穂ちゃん!?…そうそう、さっき打ってた雀荘に貼ってあった何切るだよ、これがなんかモヤモヤしてさ』

 

康『なになに…⓵はあたしも4mを切るわ、6m切っても4mは安牌と交換だし、それなら瞬間の7mツモの方がオイしそうだしね』

 

定『(勝手に答え始めてる…)⓶はどう?』

 

康『⓶は4p切りね、フツーに完全シャンテンに受けてマンズ先入りならタンピンと一通選べるしいいんじゃあないのォ?的な』

 

康『でも縦が寒すぎるから完全シャンテン自体にあんまり意味はなさそう、マンズ選べる方に価値がありそうね…ソーズ先入りはセンス()でなんとかしましょwところでなんかお腹すいたわねェ〜』

 

定『⓷は?後でごま蜜団子おごるから…』

 

康『ごちっ!⓷は4m切りね、マンズ行くには狭すぎるからダイレクトの3m引き5200リーチ、5m引き5200ダマ、7s引き8000リーチかなァ〜っ』

 

定『トホホ…お財布が寒いなァ…でもありがとう康穂ちゃん、おかげでスッキリしてきたぞ!』

 

吉『なんだお前たち揃ってこんな所で、デートの邪魔だったかな?』

 

康『ちっ、違っ!あたしはただ定助にごま蜜団子おごってもらうだけなんだからそんなんじゃッ!』

 

吉『(わかりやすい女だな…ん?)何だコレは、何切るか?』

 

吉『⓵はオレも4m切るな、こうすると受け入れのロスがなく678の三色に渡れる…が、ツモ78mと来たときに何を切るか困ってしまうのでカン3mチーから仕掛けることのできる6m切りとそこまで大差はないと見る』

 

定『(この人も麻雀大好きかよ…)』

 

吉『⓶は6m、変化が豊富でさらなる高打点まで期待が持てる1打だな、形はすでに十分だから4p切るのもいいが、満貫でも微妙に足りない局面は69mに手をかけてもいいとオレは思う』

 

定『なるほどォ…点棒状況によっては方針が変わるんスね』

 

吉『ちなみに⓷は8s切る、しかし69m以外は全部仕掛ける方向だな…残るのが愚形愚形で仕掛けてハネマンならチンイツドンジャラする価値はあると見る』

 

定『(意見がわ、割れたッ!)康穂ちゃんの4m切りも吉良さんの8s切りも高打点への可能性とリーチ、仕掛け含めての相対的な早さも含めて他家からの動向を見て判断するとこっスね』

 

康『ま、場況はオマケだけど…基本は平面ね』

 

吉『そうだな、そんな事より定助は落ち着いて打つことが先決だがな、メンピンツモっ…チョンボ…ププッ』

※僕のチョンボについては前回記事を参照のこと

 

定『ちょっと吉良さんんん!!それは言わない約束じゃあないっスかー!!康穂ちゃんの前でなんて特に!』

 

康『何何ィ〜〜??ドヤ顏かまして東発でチョンボかました話ィ??ニヤニヤ』

 

定『うわァーッ!!すでに詳細まで知られてるし!恥ずかしーッ!!』

 

吉『やれやれだな』

 f:id:riccccccccky:20161223225858j:image

 

何切る監修

Aさん、zeRoさん

ありがとうございました!